他院にて抜歯対象と言われた歯をAPF治療にて保存できた症例

インプラントの前に!根管治療・APFで歯を残そう! 医療法人仁樹会 秩父臨床デンタルクリニック APF治療症例1

APFの特徴

APFの利点
・歯周ポケットの除去ができる
・Biologic Widthを得ることができる
・治癒後の辺縁歯肉の位置が安定する
・付着歯肉を維持または増大できる

APFの欠点
・歯周ポケット除去の結果、根面の露出が大きくなり、知覚過敏、審美性、発音などの問題が
 起こる可能性がある ・他の術式に比べ、手術によるアタッチメント・ロスがわずかに大きい
・技術的にやや難しい

APFの適応症
・中等度の歯周炎(歯周ポケット約5〜6mm)
・適切な量の角化歯肉がある場合
・術後に予想される審美的変化を許容できる場合
・歯肉縁下カリエスがある場合
・歯冠長を延長したい場合
・清掃性の高い歯周組織を得たい場合

APFの禁忌症(非適応症)
・手術による審美的障害が大きいと予想される場合
・適切な角化歯肉がない場合
・臨床歯冠‐歯根比が極端に悪い場合
・垂直性骨欠損が深すぎる場合
・解剖学的制限がある場合

APF ( 歯肉弁根尖側移動術 ) とは?

歯肉が狭い場合や、歯周病などで、深い歯周ポケットがあった場合に、
シャローサルカス ( 健康で生物学的幅径を保っている良好な状態 ) を形成したり、
歯肉を維持または増加させたり、歯周ポケットの除去を目的とした治療方法です。
術後は歯根が露出するため、知覚過敏や二次う触が起こりやすいため、
十分なプラークコントロールが必要とされます。

APF 治療の流れ

1.骨膜を骨に残すように切開します。
2. 歯石や病原菌に侵された部分はきれいに除去します。
3. 切開した歯肉の先端を根尖側に移動させて、縫合します。
4. 歯肉は歯冠側方向に向かって治癒していき歯周ポケットの無い良好な状態になります。

SIDE MENU